2017
07.09

習近平とトランプ

習近平とトランプ

おっと、習近平が優しそうなおじさんになってる・・・

北朝鮮が中国共産党の権力争いに関わっているのか、習近平さん全然コントロールできていませんね。トランプ大統領も当初よりどんどん酷くなってきているし、日本では安倍政権のぐらついてきたし・・・

これからは体力を鍛えて波乱に備えないといけないですね。だらだらした生活を改善したいです。

Comment:0  Trackback:0
2013
07.05

作業用BGMに怪談朗読

イラストを描いたりしていると音楽を聴くことが多かったんですが、音楽も聴き飽きると怪談の朗読を聞くことが多くなりました。怪談を聴くと怖くはないんですが、なぜか精神的に落ち着きます。

いろいろと怪談朗読がある中で、まったり寝落ち風味で長時間やってくれているのがこちら(危険な好奇心収録)



怪談も数分程度のものだと作業用には適さないため、無駄話を挟んでだらだらとやってくれるのがうれしいです。ややもすると怪談朗読より無駄話の方がおもしろかったりします。作業用によかったらどうぞ。

梅雨も明けちゃうと猛暑到来でしょうね・・・
i130705首吊りなう


Comment:0  Trackback:0
2012
06.20

ブリジットのフィギュアを参考に下描き

ブリジットのフィギュアを参考に下描き

 ブリジットのフィギュアを見ながら衣装を参考にして描いたやつの下描きです。紙が強いんで、ペン入れしませんが原稿用紙に描いています。どこかでちょっと違った指向で完成します。

 ところで、絵を描く作業にはかなり時間がかかるので音楽ばかりだと足りなくなってしまいます。そこでたまに作業中にYouTubeを見る(ほぼ聞いている)ことがあるわけですが、聞いてとても勉強になるオススメのチャンネルがあります。日本経済復活の会が運営する「Channel AJER」です。

 日本のマスコミが真実でないことや偏向した情報を伝えることによって日本国民をいかに騙しているか、民主党がどれほどの悪政を行なっていて、どれほど無知・無能・無策な政治家がはびこっているのか、それにたかっていいように利用する官僚・御用学者・中国・韓国・・・現在顕在化している日本の危機を切実に訴えています。

 このチャンネルの中でも経済評論家で作家の三橋貴明先生や、国際関係論の教授である藤井厳喜先生の動画が特におすすめで勉強になります。YouTubeを見る人、そうでない人も是非一度ご覧になってみてください。真実は今やネットの中にしか存在しません。


Comment:0  Trackback:0
2011
01.27

最近いろいろやってます

なんとなく

 このごろはいろいろとやる事が増えて、イラストを描く時間が削れてきています。外国人と接する機会が増えたり、海外に行く機会も増えると思うんで、割とがんばってとりあえず英語をやっていたり(余裕があれば中国語も、しかし、全く余裕なし)、iPhoneのアプリを作ってみたりと自分にしてはめずらしい試みです。

 日韓戦をイラストの下ごしらえをしながら見ていましたけど、なかなか近年稀に見る激戦で楽しかったです。あそこまでやれば最後は勝っても負けてもすがすがしいですが、勝ってよかったね。次はオーストラリア戦ということで、オーストラリアも強敵ですね。ジェフ・ウィリアムスが出てきたら打てないですもんね・・・あ、それ野球か。


Comment:0  Trackback:0
2010
12.13

今年のディープインパクト

こんな感じのイラストが描けたらいいな、な模写

 ディープインパクトと言っても馬ではありません。今年の強く印象に残ったことでも綴ってみようということで、まず、今年の夏はどうやら相当暑かったらしいですね。

 今年の夏が暑かったかどうかなんてすっかり記憶から遠いんですが、今年の漢字になるほど暑かったとは思いませんでした。なんとも自分は今年の夏あたりは仕事が忙しかったため、エアコンの効きすぎた寒い室内で過ごすことが多く、今年の夏は「寒い」印象が強いです。

 今年の出来事で最も印象に残ったのは上海へ一週間ほど出張に行ったことでした。もはや傾きかけていて潰れるのが時間の問題のような日本と違い、高度経済成長への希望と自信に満ちた中国人はとても仕事熱心で向上心が強かったのが印象的でした。と言ってもこれは会社に勤務していてそこそこの収入を得られている人に限ったことなのかも知れませんが・・・基本的には上海駅周辺は地方から出てきた若者でごった返しており、かなりガラが悪く、経済的格差や教育の格差を窺わせるような感じでした。田舎から出てきた人は道の信号の意味が分からないって・・・これ、本当らしい。

 経済成長の恩恵を受けているのはごく一部の人だけだろうし、不満が溜まるのも当然だろう。しかしこの貪欲で膨大な人口の生活レベルが日本並みになるとすると・・・インドも加えたら・・・確実に地球の資源が足りないんだろな・・・。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top