--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.13

ミッドナイト駄文

Category: 雑記
酒飲んでショスタコーヴィチの弦楽四重奏を聴いてふわふわ~な感じで投資関連ブログの記事とかを読んでいると、「しあわせな老後」とかいう文字を見かけました。これは今現在は不幸だけどがんばってお金を貯めて(または投資で勝って)老後はしあわせに暮らそうということなのか、または現在はしあわせなんで老後もこのしあわせが続きますようにということなのか、という厄介なことを思ってしまいました。

前者と後者どっちが多いんでしょうかね?前者の場合はしあわせになれるわけが無いと思いました。年を取ればお金ではどうすることもできない「失うこと」の方が圧倒的に多く、たとえ投資で生活に心配が無くなるほど成功したとしても、現在にしあわせを見いだせないようならきっと不幸のままでしょう。

かなり嫌なことを考えていますが、こんなことを考えるようになったきっかけは8年くらい前に亡くなった祖父を見てでした。祖父は経営者でまさに仕事の鬼というような人で、仕事が生きがい、仕事をしている時期はプライベートもギャンブルで豪快な負けっぷり(一日で100万円くらい負けることもありました)を披露してくれるほどの粋なじいちゃんでした。

それが驚くほど変わってしまったんですね、仕事を引退してから。パチンコ、競艇、競馬、全くしなくなる。金銭的余裕はたっぷりあるのに全く旅行などもせず、食事も質素なものを少しだけ食べ、よかろうと思って豪華な食事を買ってきても手をつけず…。寝込みがちになり、ガンを発症して亡くなりました。病気によってそうなったのかもしれないと言えなくはないのですが、そこだけでは無い気がします。仕事から離れて明らかにオーラが無くなっていました。

こんなことを書いたのは、きっと仕事が生きがいみたいなのは良くないなってなことを自分は言いたいんでしょうが、仕事が嫌いな自分をそれらしい理由をつけて正当化しようとしているだけなんですよ結局。あ~読んで損したと思った人、ごめんなさい。先のことを考えるのも必要だけど、一番大事なのは今を精一杯後悔の無いようにやりきること、というか、なにこの駄文。

あ~気持ちが暗くなってきたんで明日に備えて寝ないと。ところでショスタコーヴィチの弦楽四重奏はかなりイイんで、後でニコ動にアップしようと思います。こんなネガティブシンキングが次々に出てくる名曲です。


トラックバックURL
http://setoyuu.blog95.fc2.com/tb.php/140-b477afe0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。